知っておきたい!通販での医薬品購入

医薬品の通販購入について考える

医薬品にはどのような種類があるの?

一言で医薬品と言っても、医薬品にはいくつか種類があり、それぞれ特徴が違います。
まず、医薬品は、大きく2つの分類に分けられるのですが、それが一般用医薬品と医療用医薬品になります。

一般用医薬品というのは、さまざまな体質の、幅広い年齢の方が使用することを想定して作られた薬のことを指します。
いわゆる市販薬という名で呼ばれている薬と言えば、わかりやすいかもしれませんね。
この一般用医薬品というのも、副作用などのリスクの度合いに違いがあり、そのリスクの程度に応じてさらに第1類から第3類という風に、細かく分けられているのが特徴です。

一方で、医療用医薬品というのは、市販薬とは異なり、医師が患者一人ひとりの体質や症状に応じて処方した薬のことを指します。
病院に行き、処方箋を出してもらう薬が、これに当たるのです。

インターネットで買える薬とは

インターネットの通販で医薬品の購入できるようになりましたが、これまで通り、薬剤師から直接対面での販売が義務付けられている薬もあり、それは処方箋を必要とする医療用医薬品というものであるため、全ての薬がネット購入可能というわけではないことを覚えておきましょう。
これは、医療用医薬品は、人体に対する作用が強く働くため、扱いを間違えたりした際のリスクが大きいからです。
従来通り、調剤薬局などでしか手に入れることはできませんので、注意しましょう。

一方で、一般用医薬品は、これまで第3類のみがネット購入可能でしたが、それが第1類から第3類までの全ての医薬品が買えるように、制度が変わりました。
ただし、劇薬とスイッチ直後品目という、要指導医薬品に値する一部の医薬品に関しては、ネット購入は出来ず、薬剤師の対面販売のみになりますので、覚えておきましょう。


この記事をシェアする